飲むヨーグルトと普通のヨーグルトの違いは?

現在は飲むヨーグルトもいろいろな種類が売っていますよね。時間がない時にクイッといけるので重宝している方も多いようです。

ここでちょっと疑問がでてきました。飲むヨーグルトと普通の固形ヨーグルトでは何か違いはあるのか?

栄養面などの違いはどうなっているのか?身体が吸収しやすいのはどっちなのか?

そこでいろいろ調べてみたところ、飲むヨーグルトと固形ヨーグルトに大きな違いはないようです。

また巷では飲むヨーグルトは水で薄められているという変なうわさもありましたが決してそういうわけではありません。

両方とも菌の違いはなく、身体に対しての影響も変わらないということです。なので、好きな方を摂取していけばOK!

飲むヨーグルトの方が値段的には高めですが、すぐ飲めるという利点もありますし、固形ヨーグルトにジャムなどを入れて食べるのが好きな人もいますので、自分の生活に合わせてとるようにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>