ヨーグルトの起源って?

ヨーグルトの起源についてちょっと書いてみようかと思います。

ヨーグルト発祥は7千年以上前の紀元前5千年~6千年ごろではないかといわれています。

ヨーグルトが生まれたきっかけは、残しておいた家畜の乳が自然発酵して生まれたといわれています。

昔の遊牧民たちが家畜の乳を飲んでいましたが、生乳であれば保存期限は大変短いです。

しかしヨーグルトは生乳に比べ保存期限も長く、昔の人たちにとても重宝されました。

場所は主に東ヨーロッパから中東で生まれたのではないかといわれています。

現在ではヨーグルトに含まれる乳酸菌などが身体に良いとされているといわれていますが、当時は生乳の形を変えることによって保存期限が延びたぞ!くらいのものだったんでしょうね。

昔の人がヨーグルトを作り、広めてくれたおかげで現在私たちがいろいろな味のヨーグルトを食べれるんですよね。

何にでも起源というものはありますが、昔の人に感謝をしなくちゃいけないなと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>